桜の肛門線

昨日朝の散歩に連れて行った後早めのシャンプー
お風呂に入れてやっと気づいた桜の肛門線破裂。
肛門の周りに何やら大きな硬いしこりが。硬い便が肛門の中で詰まってるのかと思い獣医さんに即電話。
July4th 前日で早く閉める予定だったようで予約もいっぱい。そこを無理にスクイーズインしていただいた。
早めのお風呂が不幸中の幸。
ドライヤー中に桜の肛門の周りをチェック。便ではなく肛門の周りの桜の被毛が血で固まっていた。少しづつハサミで毛をカットしていくとさらに流血中。
結局肛門線がかなり腫れていたらしく、中を綺麗に洗い流してもらい桜かなり痛かったようで別室から桜の悲鳴が聞こえるたびに私も悲鳴を上げてしまう。
ステロイドを打ってもらって痛み止めをもらい、化膿止めの薬は隣町まで処方してもらったものを取りに行く。
獣医の帰りに取りに行ったのもののまだできておらず結局2往復するハメになってしまった。
かなり痛いはずと言われてたけど尻尾は上がってる。でも歩くとやはり痛いのかすぐにペタッと座り込んでしまう。
舐めるとばい菌が入る危険が高いとのことでパラボーラカラーとオムツを勧められた。
以前買ったオムツは2歳ようで桜には大きかったので1歳用を買って昨日から装着中。
オムツをしたらあまり動きたくないのかずっと寝てた。移動は全て抱っこ。
時間を見計らって夜、夜中、朝とオムツを外して外に出すとすぐにおしっこをしてくれる賢い桜。
オムツの付け外しもとっても従順にいい子。
今日1日様子見て明日からは外しても大丈夫かな?
傷口は綺麗だけどまだ昨日から便をしていない。痛いだろうな。。。と思うと可哀想で。。。ごめんね桜。
ちょうど忙しい時期だったのでと言うのは言い訳にしかならないよね。
ずっと尻尾も上がってたし、ご飯も朝夕の散歩に便もしてたし全然気づかなかった。
痛い思いさせてごめんね。
今朝の桜。オムツをとったら歩けるようになったけど見てないうちに舐めるといけないのでオムツしたら固まった。
IMG_1484_20170704231213046.jpg
IMG_1483_2017070423121520a.jpg

スポンサーサイト

 Category: None

0 Comments

Leave a comment